JA:Tag:railway=platform

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg railway = platform
Cercanías San Vicente del Raspeig.JPG
説明
鉄道のプラットホームです。 Edit or translate this description.
グループ: 鉄道
適用できる要素
ノードに使用不可能ウェイに使用可能領域に使用可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
関連項目
ウィキデータ
状態:承認Page for proposal

public_transport=platform

プラットホームの中にはバス、路面電車、列車で同時に使われる例が豊富にあるため、この地物は public_transport=platform と書くことになりました。互換性を保つ理由で多くのマッパーはこの新しいタグと一緒に railway=platform を使用し続けています。

マッピング方法

もっとも簡単なものは、 railway=platform をウェイとして描くものです。

プラットホームの参照記号や番線のような情報を追加すると、もっと有用な情報になります。

railway=platform

name=5

name=5;6

ref=5

ref=5;6

表面、幅などのような他の様々な種類の情報も有用です。場所によっては access= や特殊な切符を必要とするかも関心を集めます。

例:

railway=platform

ref=6

surface=paved

width=5

...=...

より詳細にするために、プラットホーム(特に広いもの)は area=yes を追加して エリア エリアとして描画することもできます。

環状のプラットホームは現実にはありそうにないため、 railway=platform がついた閉じたウェイは、 area=yes が無くてもエリアとして扱おうという提案がされています。しかし、 OSMでのエリアの扱いはやや面倒で、osm2pgsql ベースのスタイルで正しく描画されるためにはやはり area=yes が必要です(技術的な詳細)。

バスステーションや鉄道以外のサービスでのプラットホームには、 highway=platform を使用するべきです。

しかし、プラットホームは他のウェイと明確に識別することができ、ほとんどは離れています。そのため、たとえば電停のある歩道はプラットホームではありません。

1つの場所に複数のプラットホームがある場合、リレーションを使ってこれらを一緒に「束ねる」ことができます。 詳しくは承認された公共交通機関のスキーマを参照してください。

よく使われるタグ

キー 説明
ref 数値 参照記号
name 文字列 名称
bus yes / no このプラットホームにバスが停車するかどうか
rail yes / no 列車が停車するかどうか
light_rail yes / no
subway yes / no
monorail yes / no
tram yes / no 路面電車が停車するかどうか
funicular yes / no
aerialway yes / no
ferry yes / no
wheelchair yes / no / limited / only 車いすで利用しやすいかどうか
bench yes / no 座るためのベンチがあるか
bin yes / no ごみ箱があるか
shelter yes / no 屋根があるかどうか
toilet yes / no トイレの近くかどうか

よく使われる組み合わせ

関連項目