JA:3D

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
OpenSteetMap のデータを 3D で表示しています。 OSM-3D を使用しています

三次元はOSMで活発な話題の一つです。詳細表現された建物やこまごまとしたものを付け加えることはすでに可能で、それにより、そこにいるかのような感覚をもたらすことができます。

眺める

3Dの都市のモデルを見るだけで良ければ、いくつかのツールを使って見ることができます。

エクスポート

アーティスト向けには、都市のモデルを標準の3Dフォーマットの.OBJで取得することに興味があるでしょう。

マッピング

後でモデリングするために周囲の環境を詳細に記録するプロセスを、一般的には マイクロマッピング と呼びます。多くの詳細情報を手早く集めるには、写真マッピングテクニックが推奨されます。
(高いビルの屋上などから)自分で写真を撮る代わりに、あなたの地域をWikipedia Commonsで探したり、例えばWireless Community networksで聞いたりすることができます。その他にもいくつかの画像サービスは確認してみる価値があります。

タグ付け

都市のデータを入力するために、 OSM そのものを使ったり、外部の保存場所を使ったりすることができます。

開発

3D機能を自分のソフトウエアに組み込みたいですか?

その他の参照

  • Template:User 3d - あなたが3D好きで自分のwikiユーザーページに表示したければ