JA:Tag:amenity=kindergarten

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg amenity = kindergarten
AF-kindergarten.jpg
説明
幼稚園や保育園。就学前の子供の面倒を見たり、(普通は)早期教育を施したりする場所です。 Edit or translate this description.
グループ: 教育機関
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用不可能領域に使用可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:使用中

amenity=kindergarten (幼稚園・保育園)は、普通教育(多くは義務教育)の年齢になるまでの子供たちに、幼児期教育および保育を行う施設です。このタグは両親が幼い子供を預けるものの、正式な教育を行わない施設にも使われています。

OSM で amenity=kindergarten タグを使う範囲や使い方は国によって異なるので、各国のコミュニティで議論する必要があります。特定の国での使用方法は以下に示されています。

子供たちに学校の普通教育を施す施設には、 amenity=school を使用してください。学校への入学年齢は国によって異なり、4歳から7歳までがあります。

マッピング方法

幼稚園・保育園の敷地は amenity=kindergarten とタグ付けしたエリアで描かれます。描くことができない場合は、ノードを追加することができます。

以下のタグも使用することができます。

  • name=* 施設の名前です
  • contact:website=*
  • contact:phone=*
  • capacity=* 収容可能な子供の人数です
  • fee=* yes(施設の利用料金を請求される場合)、 no(施設の利用料金を請求されない場合)
  • operator=* 施設を運営している組織名です。地方自治体、宗教団体、親の組合である場合もあります。
  • isced:level=0 国際標準教育分類におけるレベル0の教育です
  • min_age=*max_age=* は幼稚園/保育園が受け入れ可能な子供の年齢の範囲を示します
  • religion=* および denomination=* 幼稚園/保育園が特定の宗教・宗派と関係を持っている場合

敷地内の設備

  • leisure=playground - 敷地内の屋外の遊び場は、ノード ノード または輪郭 エリア で描きます。 access=private を追加してください。
  • barrier=fence - 敷地やサブエリアはよく柵で囲まれています。

国別の使用方法

ドイツ/オーストリア/スイス

While the term Kindergarten was coined in the German language in the 19th century for preschool education, it is nowadays increasingly replaced with the term Kindertagesstätte, literally a day facility for children, covering a wider and overlapping range of crèche children (0-3 years), kindergarten/preschool (3-6 years), and after-school care for primary school children (6-12 years), all providing supervision by educated staff and age-appropriate educational goals.

The whole range of these facilities is tagged amenity=kindergarten, with min_age=* and max_age=* giving their precise age range. Recently it was proposed to add sub-tags for the three age categories, nursery=yes, preschool=yes and after_school=yes.

Kita example with playground 200.png

他のタグ

amenity=preschool タグは承認されませんでした。 - 提案ページを参照してください。
amenity=childcare が、プロが子供の面倒を見る施設として使われています。最初の提案は拒絶され、 amenity=kindergarten を置き換えようとした再提案は投票に至っていないので、定義はあいまいです。