JA:Tag:highway=bus_stop

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg highway = bus_stop
Bus prumyslova.jpg
説明
バス停は公共のバスが停車する場所です。 Edit or translate this description.
グループ: 道路
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用不可能領域に使用不可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:事実上の標準

バス停は乗客がバスに乗車または降車できる場所のことです。その位置は待合室、ポール、バスベイ、道路標識、あるいは目印はないが口伝えや時刻表に載っている情報によって知られています。

highway=bus_stop のタグは乗客が車道の横でバスを 待つ 位置を表すために、道路ウェイの脇ノードを置く方法が広く使われています。一部のマッパーは道路ウェイにバスの車両が停車する位置をノードで追加しますが、これを行いたい場合は public_transport=stop_position を使ってください。

マップの仕方

バス停

バス停ノードは道路ウェイの脇にウェイから離して配置する方法が広く使われており、highway=* ウェイの一部としてノードを置くのはあまり 使われていません 。離しておく方法はバス停が道路のどちら側にあるのかについて重要な情報をとらえることができます。しかしながら、いくつかの地域社会ではほかの方法でタグ付けされているため、新しい標準として道路から離れたところに highway=bus_stoppublic_transport=platform を組み合わせて使うことになりました。

バス停はバスが停車する場所別にそれぞれ定義します。バス停が道路の両側に2か所ある場合は、2つ定義する必要があります。

「route_ref」「location」「towards」のタグを highway=bus_stop と合わせて使うことは推奨されていません。この情報は代わりに route=* のリレーションに対応させて関連付ける必要があります。一部の地域では highway=platform も使われています。なお、これらは上記のガイドラインを満たすために変更することを推奨しています。

推奨されるタグ付け:

タグ 使い方 説明
highway=bus_stop 推奨 このタグは道路の側に(乗客が待つ)位置するノードとして広く使われる。
public_transport=platform 推奨 highway=bus_stop の代わり、または一緒に使われる。bus=yes との組み合わせて使う必要がある。同じ施設で乗客がトラム(路面電車)の乗降もできる場合は tram=yes も追加する。
name=* 推奨 バス停の名称で、特に public_transport=stop_area - リレーション が存在しない場合は必要とされる。停車エリアのリレーションがある場合、このタグはバス停名に加え、プラットフォームの番号も伝えることができる。
ref=* 任意 バス停の参照番号。
network=* 任意 ネットワークの名称が存在する場合。
operator=* 任意 運行事業者の名称。
layer=* 任意 関連する道路が地表面にないとき。その関連する道路(または停車位置)が明らかに複雑な階層になっていた状況で必要となる。

停車位置

バス停の場所を示すために highway=* 内のノードとして public_transport=stop_position を使ってください。関連するタグも含みます:

タグ 使い方 説明
public_transport=stop_position 必須 道路上に配置される。(2010年の提案より)
bus=yes 必須 highway=bus_stop を置き換える。(新しい公共交通機関のスキーマ より)
name=* 推奨 バス停の名称で、特に public_transport=stop_area - リレーション が存在しない場合は必要とされる。
ref_name=* 任意 インターネットの時刻表の名称で、一般にバス停名と都市名の組み合わせで使われる。たとえば、ref_name=Steintor, Hannover
network=* 任意 ネットワークの名称が存在する場合。
operator=* 任意 運行事業者の名称。
ref=* 任意 バス停の参照番号(uic_ref=*asset_ref=*) も)
tram=yes 任意 railway=tram_stop を置き換える。(新しい公共交通機関のスキーマ より)
railway=tram_stop 互換 トラム(路面電車)の停留所であればタグ付けする。これは public_transport=stop_position+tram=yes を置き換えられる。

停車エリア

これは関連するいくつかのバス停や停車位置を単一の停車エリアとして、type=public_transportpublic_transport=stop_area でタグ付けされたリレーションを作ってまとめるときに有効です。停車エリアは amenity=shelteramenity=bench といったその他の関連設備も含みます。待合室やベンチがバス停の一部として構成されているのであれば、shelter=yesbench=yes を使います。

タグ 使い方 説明
type=public_transport 必須 type=public_transport のリレーションとして定義する。
public_transport=stop_area 必須 停車エリアとして public_transport=* を定義する。(この場合、バス停として定義)
name=* 推奨 バス停の名称。
network=* 任意 ネットワークの名称が存在する場合。
operator=* 任意 運行事業者の名称。
ref=* 任意 バス停の参照番号。
ref=* 任意 バス停の参照番号。

バスターミナル

主要なバスの交通機関の中継地点(駅など)では amenity=bus_station または、代わりに public_transport=station でタグ付けできます。

写真

レンダリング

参考

外部リンク

Transmodel terms starting with (S)

関連用語: ‹ バス停 › ‹ bus stop ›