JA:インポート

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search

インポートバルクインポートとしても知られています)は、外部データを OSM にアップロードするプロセスです。 バルクインポートは個人のボランティアから収集されたデータの補足として着手され、それらのデータと地域での作業能力は"常に"優先します。これまで、オランダの AND Data、アメリカの TIGER、カナダの Canvec、アメリカのマサチューセッツ州の MassGIS など、たくさんのフリーの利用できるデータソースが OSM を更新してきました。

編集GPX トレースのアップロードとは異なり、インポートは既存のデータセットを OSM のデータセットに結合し、そのために複雑なマージ手順を特に含んでいます。

詳細情報

インポートガイドライン 
全般的なルールです。インポートを計画・実行する前に読んでください。
Import Catalogue 
インポートされたデータの一覧です。専門知識やトラブルシューティングを共有しやすくするために、ここにインポートを記述してください。
ソフトウェア 
ソフトウェアとインポート手順の説明です。
Handling bad imports 
もし不適切なインポートを発見した場合、何をすべきか。

関連情報

終了した活動

  • Foundation/Import Support Working Group (ファウンデーション/インポート支援ワーキンググループ)- 調査や可能性のあるデータセットのインポートを容易にする為に、ファウンデーションによって形成されたグループ