JA:森林

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Forest
Afrikaans Alemannisch aragonés asturianu azərbaycanca Bahasa Indonesia Bahasa Melayu Bân-lâm-gú Basa Jawa Baso Minangkabau bosanski brezhoneg català čeština dansk Deutsch eesti English español Esperanto estremeñu euskara français Frysk Gaeilge Gàidhlig galego Hausa hrvatski Igbo interlingua Interlingue isiXhosa isiZulu íslenska italiano Kiswahili Kreyòl ayisyen kréyòl gwadloupéyen kurdî latviešu Lëtzebuergesch lietuvių magyar Malagasy Malti Nederlands Nedersaksies norsk norsk nynorsk occitan Oromoo oʻzbekcha/ўзбекча Plattdüütsch polski português português do Brasil română shqip slovenčina slovenščina Soomaaliga suomi svenska Tiếng Việt Türkçe Vahcuengh vèneto Wolof Yorùbá Zazaki српски / srpski беларуская български қазақша македонски монгол русский тоҷикӣ українська Ελληνικά Հայերեն ქართული नेपाली मराठी हिन्दी অসমীয়া বাংলা ਪੰਜਾਬੀ ગુજરાતી ଓଡ଼ିଆ தமிழ் తెలుగు ಕನ್ನಡ മലയാളം සිංහල ไทย မြန်မာဘာသာ ລາວ ភាសាខ្មែរ ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ አማርኛ 한국어 日本語 中文(简体)‎ 吴语 粵語 中文(繁體)‎ ייִדיש עברית اردو العربية پښتو سنڌي فارسی ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください
Logo. 地物 : 森林
One example for 地物 : 森林
説明
森林をどのように記述するかです。タグ付け方法がいくつかあります。
タグ

森林は樹木で覆われた区域です。これを記述するために、 natural=woodlanduse=forest という2つの異なるタグが使われています。 OpenStreetMap のマッパーによって、これらの使い分けに明確な違いがあります。この問題は以下で説明します。

どちらのタグを使うべきか?

森林のタグ付け方法の違いは、基本的に森林区域の管理や使用状況を記述する方法の違いによるものです。以下の方法が別々なグループによって利用されています。

方法1

  • 樹木で覆われた区域を示すために natural=wood を使います。
  • 林業のために管理された土地の区域を示すために landuse=forest を使います。
  • 人間が管理していない原生林を示すために woodland=virgin を使用します。これはわずかにしか使われていません(データベース[1][2]の中で36件以下)

方法2

方法3

  • 維持管理されている森林を示すために landuse=forest を使います。この方法では、特にヨーロッパのような地域では、ほとんどの森林が維持管理されていると見なされます。
  • 林業に利用されていない原始林や原生林に natural=wood を使います。

方法4

  • 樹木の有無を示すために wood=yes を使います。植生の種類を表すための wood=* は非推奨になりましたが、 wood=yes はまだ使用されています。しかし、一般的ではありません。
  • 管理されていない森林を示すために natural=wood を使います。これは wood=yes を暗黙に含みます。
  • 管理されている森林の領域を示すために landuse=forest を使います。これはwood=yesを暗黙に含みます。

方法5

  • 森林があるところを示すために landcover=trees を使います。森林の用途や成因は含みません。

議論

それぞれの方法の利点

  • 方法1
    • タグの使い方に一貫性がある - 木があることは「土地利用」ではない。
    • 他の用地の領域内で森林を表すことができる(例えば採石場の中の森林など)
    • タグ付けす人が、管理された森林か原生林かを区別する必要がない。誰かが領域を調査したとしても、区別することは不可能に近い。
    • 林業用地で現在森林になっていない領域もタグ付けできる(landuse=forest + natural=scrub)。
    • この用地の中にある他の地物、例えばため池を natural=water としてタグ付けすることにも矛盾しない。
  • 方法3
    • 既存の森林をボットがこの方法でタグ付けしなおしており、より多く使用されている。
  • 方法4
    • 方法1と比較して
    • 既存のタグのみを使用する。
    • 既存のタグ付けが大枠で意味を維持する。
    • 将来的に、鑑賞・レジャー利用、木材・パルプの生産、環境保全などといった森林の管理目的を指定できる可能性がある。
  • 方法5
    • シンプル。
    • 森林の用途や成因を識別する必要がない。
    • 森林の用途や成因が分かればタグ付けできる。

それぞれの方法の欠点

  • 方法1
  • 方法3
    • マッパーが非常に難しい見分けを要求する。
  • 方法4
    • 他の目的で使用中止された wood=* キーを使用する。
    • ほとんど使われていない。
  • 方法5

このタグ付け方法の一般的な問題点

航空画像や衛星画像から森林をマッピングするとき、森林で林業が行われているかどうかを判断するのは非常に困難です。これは地上で調査を行ったとしても困難です。結果的に、多くの人は landuse=forest と natural=forest のどちらか一方をランダムに選択して実態的に使用しています。

追加のタグ

  • name=* - 森林の名称
  • landcover=trees
  • leaf_type=broadleaved/needleleaved/mixed - 葉の種類を表します。
  • leaf_cycle=deciduous/evergreen/mixed - 葉の季節変化を表します。
  • wood=coniferous/deciduous/mixed - 木の種類を表します。このタグは非推奨です。
  • type=deciduous/evergreen/shrubs/mixed - なぜ type を使うべきでないかは、 type=* を参照してください。
  • crop=* - 収穫物の種類を記述します。

レンダリング

緑のエリアです。 wood=* が設定された場合、小さな針葉樹か落葉樹(か両方)のアイコンを表示します。

森林がレンダリングされる場合
タグ レンダリング コメント 写真
leaf_type=broadleaved Wood deciduous.png 広葉樹林。 WaldAlfeld.jpg Aerial view of the Amazon Rainforest.jpg
leaf_type=needleleaved Wood coniferous.png 針葉樹林。 Swiss National Park 131.JPG Pinus canariensis (Barlovento) 06 ies.jpg
leaf_type=mixed Wood mixed.png 混合林。 Mixed forest-Poland spring.jpg 09272008 BrightonUT.JPG

タグ付け間違いの可能性があるもの

このタグが使われている場所をご存知であれば、他のタグに置き換えられないか確認してください。
どのような結果になるか本当に理解していない限り、自動編集はできるだけ行わないでください!

関連情報

関連するプロジェクト

すべての環境と自然に関するタグとプロジェクトのウィキ Environmental_OSM