JA:Humanitarian OSM Tags/Humanitarian Data Model

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Humanitarian OSM Tags/Humanitarian Data Model
Afrikaans Alemannisch aragonés asturianu azərbaycanca Bahasa Indonesia Bahasa Melayu Bân-lâm-gú Basa Jawa Baso Minangkabau bosanski brezhoneg català čeština dansk Deutsch eesti English español Esperanto estremeñu euskara français Frysk Gaeilge Gàidhlig galego Hausa hrvatski Igbo interlingua Interlingue isiXhosa isiZulu íslenska italiano Kiswahili Kreyòl ayisyen kréyòl gwadloupéyen kurdî latviešu Lëtzebuergesch lietuvių magyar Malagasy Malti Nederlands Nedersaksies norsk norsk nynorsk occitan Oromoo oʻzbekcha/ўзбекча Plattdüütsch polski português română shqip slovenčina slovenščina Soomaaliga suomi svenska Tiếng Việt Türkçe Vahcuengh vèneto Wolof Yorùbá Zazaki српски / srpski беларуская български қазақша македонски монгол русский тоҷикӣ українська Ελληνικά Հայերեն ქართული नेपाली मराठी हिन्दी অসমীয়া বাংলা ਪੰਜਾਬੀ ગુજરાતી ଓଡ଼ିଆ தமிழ் తెలుగు ಕನ್ನಡ മലയാളം සිංහල ไทย မြန်မာဘာသာ ລາວ ភាសាខ្មែរ ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ አማርኛ 한국어 日本語 中文(简体)‎ 吴语 粵語 中文(繁體)‎ ייִדיש עברית اردو العربية پښتو سنڌي فارسی ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください

ここにあるのは、現地チームと調整されている要素です。Nicolas Chavent がこの取り組みをリードしています。 -DruidSmith 00:20, 30 January 2010 (UTC)



交通

HDM の交通オブジェクトは UN Spatial Data Infrastructure for Transport (UNSDIT) [[1]] をもとにしています。 下記の人道支援交通フレームワークは、ハイチにおける運用上の要望に合わせて調整された、 UNSDIT のサブセットです。こういった要望は、直接的に現地で必要とされたり、過去の人道支援の経験をもとにしたものです。

道路 (Highway/ Road)

Highway/ Road のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、Hum データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
FunctionalClass values これは highway=* に対応します。人道支援データモデル (UNSDIT_Roads-FeatureClass) の local/urban と private の値が増えて、 OSM タグはそれより充実しています highway=* 1
FunctionalClass=Primary highway=primary 1
FunctionalClass=Secondary highway=secondary 1
FunctionalClass=Tertiary highway=tertiary 1
FunctionalClass=Local/Urban_unspecified highway=? 1
FunctionalClass=Local/Urban_residential highway=residential 1
FunctionalClass=Local/Urban_service highway=service 1
FunctionalClass=Local/Urban_primary_junction highway=primary_junction 1
FunctionalClass=Local/Urban_secondary_junction highway=secondary_junction 1
FunctionalClass=Local/Urban_mini_roundabout highway=mini_roundabout 1
FunctionalClass=Local/Urban_turning_circle Tag:highway=turning_circle 1
FunctionalClass=Private_unspecified highway=? 1
FunctionalClass=Track highway=track 1
FunctionalClass=Trail highway=footway 1
FunctionalClass=Unspecified highway=unclassified 1
Operational_Status Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Quality of Op Status Info Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Practicability Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Practicability 1
Geometry_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Source 1
Attribute_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Source 1
Note Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Official_Road_Name Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Route_Name Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
SurfaceType Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Surface 2
SurfaceCondition Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Surface 2
UID Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#ID
UUID Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#ID


障害物 (Obstacle)

障害物 (Obstacle) のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ


ObstacleType=* これは barrier=* に対応しており、人道支援向けの値を作成する必要があります barrier:obstacle_type=*
ObstacleType=bridge_damage Barrier:obstacle_type=bridge_damage 1
ObstacleType=road_damage Barrier:obstacle_type=road_damage 1
ObstacleType=landslide_mudslide Barrier:obstacle_type=landslide_mudslide 1
ObstacleType=debris Barrier:obstacle_type=debris 1
ObstacleType=checkpoint Barrier:obstacle_type=checkpoint 1
ObstacleType=roadblock Barrier:obstacle_type=roadblock 1
ObstacleType=unspecified Barrier:obstacle_type=unspecified 1
Operational_Status Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Quality of Op Status Info Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Practicability values Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Practicability 1
Geometry_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Attribute_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Note Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
UID Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation
UUID Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation


橋 (Bridge)

橋 (Bridge) のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ 人道支援における優先度のランク
BridgeType values bridge=* 2
Arch bridge=arch 2
Beam bridge=beam 2
Truss bridge=truss 2
Floating bridge=floating 2
Suspension bridge=suspension 2
Culvert bridge=culvert 2
Culvert - round bridge=culvert_round 2
Culvert - box bridge=culvert_box 2
Unspecified bridge=yes 2
Total length (M) length=* 2
Width (M) width=* 2
Maximal Total Load (Ton) maxweight=* 2
Has Bypass (Y/N) これは barrier=* に対応しており、人道支援向けの値として barrier:bypass=* を作成する必要があります barrier:bypass=* 1
Yes barrier:bypass=yes 1
No barrier:bypass=no 1
Transportation Use Category values これは作成される transportation_use_category=* に対応します transportation_use_category=* 2
Road transportation_use_category=road 2
Rail transportation_use_category=rail 2
Both Road and Rail transportation_use_category=road_rail 2
Canal transportation_use_category=canal 2
Pipeline transportation_use_category=pipeline 2
Cabling transportation_use_category=cabling 2
Unspecified transportation_use_category=unspecified 2
Operational_Status Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Quality of Op Status Info Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Practicability Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Practicability 1
SurfaceType values Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Surface 2
BaseMaterial values Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Base_material 2
Geometry_Source_Type=* Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Attribute_Source_Type=* Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Note=* Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
UID=* Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#ID
UUID=* Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#ID


飛行場 (Aerodrome)

飛行場 (Aerodrome) のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
IATA iata= 1
ICAO icao= 1
Aerodrome Type values aeroway=* 1
Airport aeroway=airport 1
Airfield aeroway=airfield 1
Airstrip aeroway=airstrip 1
Fixed_HelicopterLandingZone aeroway=fixed_helipad 1
Improvised_HelicopterLandingZone aeroway=improvised_helipad 1
Unspecified aeroway=unspecified 1
Aerodrome Practicability (largest aircraft landable) Description=* これは、aeroway_practicability_description=* タグつきで作成された Annotation=* に対応します。 aeroway_practicability_description=* 1
TakeOffLanding Length (m) length=* 2
TakeOffLanding Width (m) width=* 2
Helicopter Landing Zome Type values これは aeroway=* に対応し、helipad_type 値が作成されます aeroway:helipad_type=* 1
Purpose-built aeroway:helipad_type=purpose-built 1
Sports_field/parkSports_field/park aeroway:helipad_type=sports_field/park 1
Agricultural_field aeroway:helipad_type=agricultural_field 1
car_park aeroway:helipad_type=car_park 1
Rooftop aeroway:helipad_type=rooftop 1
Open_land aeroway:helipad_type=open_land 1
Unspecified aeroway:helipad_type=unspecified 1
SurfaceType Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Surface 2
Operational_Status values Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Quality of Op Status Info Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Humanitarian use Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Humanitarian_use 1
Operating_Organization_Name Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 2
Cargo_Handling_Description Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Cargo_Storage_Description Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Geometry_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Attribute_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Note Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Spatial Signature Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Spatial_signature
UID Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#ID
UUID Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#ID


港湾施設

港湾施設のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Port Type values port_type=* 1
Seaport waterway:port_type=sea_port 1
River port waterway:port_type=river port 1
Lake port waterway:port_type=lake_port 1
Beaching waterway:port_type=beaching 1
Bank waterway:port_type=bank 1
Pier waterway:port_type=pier 1
Ramp waterway:port_type=ramp 1
Anchorage waterway:port_type=anchorage 1
Unspecified waterway:port_type=unspecified 1
Operational_Status Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Quality of Op Status Info Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Humanitarian use Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Humanitarian_use 1
Cargo_Handling_Description Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Cargo_Storage_Description Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Geometry_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Attribute_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Note Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Spatial Signature Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Spatial_signature 1
UID Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#ID 1
UUID Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#ID 1

倉庫

倉庫のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Warehouse Type Description description:=warehouse_type_description=* 1
Operating_Organization_Name Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Operational_Status Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Quality of Op Status Info Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Humanitarian use Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Humanitarian_use 1
Cargo_Storage_Description Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Storage Capacity (cubic meters) Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Storage Capacity (square meter) Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Storage Capacity (ton) Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Cargo_Handling_Description Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Geometry_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Attribute_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Note Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Spatial Signature Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Spatial_signature 1
UID Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#ID
UUID Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#ID


給油地点

給油地点のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Fuel Point Type values これは amenity=fuel_type タグつきで作成される amenity=* に対応します amenity:fuel_type=* 1
Fuel supply point amenity:fuel_type=fuel_supply point or amenity=fuel 1
Fuel depot amenity:fuel_type=fuel_depot 1
Fuel_Storage_Capacity_Description これは fuel_storage_capacity_description タグつきで作成される Annotation=* に対応します。 fuel_storage_capacity_description=* Annotation
Fuel_Type_Description これは fuel_type_description タグつきで作成される Annotation=* に対応します。 fuel_storage_description=* Annotation
Operational_Status Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Quality of Op Status Info values Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Geometry_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Attribute_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Note Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Spatial Signature Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Spatial_signature 1
UID Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#ID
UUID Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#ID



保健医療施設

  • 人道支援データモデルの保健医療施設オブジェクトは、以下のデータモデルをもとにしています:
  • 上記の資料は、(i) ハイチで行われている災害支援活動の現状、及び (ii) 開発途上国 (DC, Developing Countries) や後発開発途上国 (LDC, Least Developing Countries) におけるその他の緊急事態対応や開発支援、とに有意義なフレームワークを定義するという観点で WHO の専門家と議論されています。この保健医療施設オブジェクトの今後のバージョンでは、(まだ構想中ですが) 迅速な緊急支援および OSM と人道支援を実践する人たちとにおける議論から段階的に離れても、複雑さの中で反応が得られるような運用上のニーズに見合うかたちで発行されるでしょう。
  • HDM と PAHO のデータモデルの対応づけ (PAHO をハイチでの必要性にあわせた HDM のサブセットとする) に注力していた、保健医療施設表の以前のテンプレートはメンテナンスされており、this subpage で表示されます。これは進行中の PAHO Health Facility data import 向けの主要なサポート文書です。



人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
HealthFacilityType values (see also discussion) health_facility:type=* Basic


Specialized_Hopital TODO: 専門家による説明が必要です health_facility:type=specialized_hospital
Hospital TODO: 専門家による説明が必要です health_facility:type=hospital
Field Hospital TODO: 専門家による説明が必要です health_facility:type=field_hospital
CS-Health_center TODO: 専門家による説明が必要です
(see also discussion)
health_facility:type=health_center
CAL-Health_center_with_beds TODO: 専門家による説明が必要です
(see also discussion)
health_facility:type=health_center
health_facility:bed=yes
CSL-Health_center_without_beds TODO: 専門家による説明が必要です
(see also discussion)
health_facility:type=health_center
health_facility:bed=no
Dispensary TODO: 専門家による説明が必要です health_facility:type=dispensary
Other TODO: 専門家による説明が必要です health_facility:type=other
Unknown_type_of_facility health_facility:type=unspecified or absence of health_facility:type=*.
HealthFacilityDamage values Basic


Completely_Damaged TODO: 専門家による説明が必要です health_facility:damage=completely_damaged; Why not damaged=completely?
Damaged TODO: 専門家による説明が必要です health_facility:damage=damaged; Why not damaged=yes?
Operational Note: 意味をなしていません、operational status と干渉します
Field_Hospital Note: 意味をなしていません、health_facility:type=field_hospital と干渉します
Field_Hospital_Co-located_with_Hospital Note: 列挙された値が意味をなしていません。health_facility:type=* に移動する、もしくは二つの保健医療施設を関連付けをモデル化してみる 例えば type=health_facility:collocated_facility タグをつけた関連のように、OSM における特定種類の関連にできます。メンバーはノードかウェイで、health_facility:type=* タグをつけます。ロールは facility になるでしょう。
Unspecified health_facility:damage=damaged もしくは [[Key:{{{1}}}|{{{1}}}]]=* タグがない状態
Total Number of Beds health_facility:bed=<number>; タグ自身の health_facility:bed=yes と衝突します! Basic


Health_Facility_Construction_Description health_facility:construction_description=* Advanced


Health_Facility_Service_Description health_facility:medical_service_description=* Advanced


Health_Facility_Capacity_Description health_facility:capacity_description=* Advanced


IDs 保健医療施設は IDs で識別できます Basic


Names 保健医療施設は names で名前をつけられます Basic


Spatial Signature 保健医療施設は地理上の位置をもてます Basic


Operating Organization 保健医療施設は運用組織によって運営されます Basic


Operational_Status including Quality of Op Status Info A Health Facility can have an operational status. Basic


Source 保健医療施設の情報源を記述することができます Basic


Geometry_Accuracy_Description Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation
Note Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation

内部避難民 (IDPs) キャンプ地

HDMのIDPキャンプ地オブジェクトは、シェルタークラスタに対する情報管理(IM)サポートサービスを提供するNGOのMapActionによる初期の人道支援で利用されていた、Camp Coorination Management(CCCM)の迅速キャンプ地調査資料に基づいています。 これらは人道的領域で活動している現地対応者の要求に応えるように、暫定的なフレームワークを定義するためにMapActionデータモデリングのエキスパートとともにレビューが行われました。 今後、より精細な現地資料や、現地対応者によるフィードバックが追加されることで、さらにチェックが行われるものと思われます。


内部避難民(IDPs)キャンプ地のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道的データモデルのバージョン2.0に含められました。- このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
Humanitarianデータモデルの属性 説明/議論 該当するOSMタグ カテゴリ
Assessed by shelter cluster (Yes/No) これは作成される[[Key:{{{1}}}|{{{1}}}]]=*タグに対応します assessment=* Assessment
Yes assessment=yes Assessment
No assessment=no Assessment
Assessment description これは作成されるannotation=assessment_descriptionタグに対応します. 調査を実施している責任者を指定してください annotation=assessment_description/ assessment_description=* 1
Operating_Organization_Name Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
IDP camp type values これは作成されるidp=*タグに対応します. idp:camp_type=* 1
Organized_Camp idp:camp_type=organized_camp IDP
Spontaneous_Camp idp:camp_type=spontaneous_camp IDP
unspecified idp:camp_type=unspecified IDP
Operational_Status Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Quality of Op Status Info Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Operational_status 1
Population in area place=area;population=* 1
Population in camp idp_camp;population=* 1
Camp area estimate (ha) idp_camp;area_estimate=* 1
Surrounding structures in risk of collapsing (Yes/No) これは作成される =*タグに対応します. [[Key:|]]=* 1`
Yes =yes 1
No =no 1
IDP camp condition values これは作成されるidp=* タグに対応します. idp:camp_condition=* 1
Building idp:camp_condition=building IDP
Tents idp:camp_condition=tents IDP
Sheets idp:camp_condition=sheets IDP
None IDP|camp_condition=none IDP
Unspecified idp:camp_condition=unspecified IDP
IDP camp structural safety values これは作成されるIDP=* タグに対応します. idp:structural_safety=* 1
Open_area idp:camp_structural_safety=open_area 1
Enclosed_area idp:camp_structural_safety=25%_enclosed_area 1
Enclosed_area idp:camp_structural_safety=50%_enclosed_area 1
Enclosed_area idp:camp_structural_safety=75%_enclosed_area 1
Enclosed_area idp:camp_structural_safety=fully_enclosed_area 1
Non_enclosed_building idp:camp_structural_safety=non_enclosed_building 1
Enclosed_building idp:camp_structural_safety=enclosed_building 1
unspecified idp:camp_structural_safety=unspecified 1
Drainage values これは作成されるIDP=* タグに対応します. idp:drainage_type=* 1
Open_area idp:camp_structural_safety=open_area 1
Existing Functioning drains idp:drainage_type=existing_functioning_drains 1
Existing blocked drains idp:drainage_type=existing_blocked_drains 1
Non existing drains idp:drainage_type=non_existing_drains 1
Site in a depression idp:drainage_type=site_in_a_depression 1
Unspecified idp:drainage_type=unspecified 1
Sustained_access_to_potable_ water (Yes/No) これは作成される[[Key:{{{1}}}|{{{1}}}]]=* タグに対応します. Key:access 1
Yes access_to_potable_water=yes 1
No access_to_potable_water=no 1
Sustained_access_to_grey_ water (Yes/No) これは作成される[[Key:{{{1}}}|{{{1}}}]]=* タグに対応します. Key:access 1
Yes access_to_grey_water=yes 1
No access_to_grey_water=no 1
Water access by source nearby (Yes/No) これは作成される =* またはwater_access_source=*タグに対応します. Key:access 1`
Yes water_access_source=yes 1
No water_access_source=no 1
Water source description Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Water access by tank/blader (Yes/No) これは作成される =* または water_access_tank_blader =* タグに対応します. Key:access 1`
Yes water_access_tank_blader=yes 1
No water_access_tank_blader=no
Tank/Blader description Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Tank/Blader number Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Water access by well (Yes/No) これは作成される =* または water_access_well=* タグに対応します. Key:access 1`
Yes water_access_well=yes 1
No water_access_well=no 1
Well description Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Well number Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Water access by truck (Yes/No) これは作成される =* または water_access_truck=* タグに対応します. Key:access 1`
Yes water_access_truck=yes 1
No water_access_truck=no 1
Access to Pit Toilet (Yes/No) これは作成される =* または access_pit_toilet=* タグに対応します. Key:access 1`
Yes access_pit_toilet=yes 1
No access_pit_toilet=no 1
Pit Toilet number Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Access to Portable Toilet (Yes/No) これは作成される =* または access_portable_toilet=* タグに対応します. Key:access 1`
Yes access_portable_toilet=yes 1
No access_portable_toilet=no 1
Portable Toilet number Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1
Access_to_Site_From_Road Network これはさまざまな車両タイプに対する実用性を示すOSMタグであるAccess=*とともに、practicability=* タグが作成されます. practicability=* 1
Air only practicability=air_only 1
Non-motorized practicability=non-motorized 1
Motorbike practicability=motorbike}} 1
2WD_Car practicability=2WD_Car}} 1
4WD_<_3.5MT4WD_less_than_3.5MT practicability=4WD_less_than_3.5MT 1
Light_truck_<_10MT practicability=light_truck_less_than_10MT 1
Heavy_truck_<_20MT practicability=heavy_truck_less_than_20MT 1
Truck_+_Trailer > 20MT Tpracticability=truck_+_trailer_greater_than_20MT 1
Unspecified practicability=unspecified unspecified 1
Geometry_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Source 1
Geometry_Source_Date Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Source 1
Attribute_Source_Type Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Source 1
Attribute_Source_Date Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Source 1
Note=* Humanitarian_OSM_Tags/Humanitarian_Data_Model#Annotation 1


共通タグ

ID

全てのオブジェクトに共通する ID のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
UID=* OSM 固有の ID です。他のデータセットから OSM のオブジェクトを識別するため、名前空間識別子 (NID, Name Space Identifier) として osm と、スキームとして urn:osm:<type>:<id> をつけた URN を使ってください。 discussion を参照のこと。 タグとは対応しません。これは一対の OSM ID {object-type, id} と対応します。例えば {node, 123456} や {way, 765432} などです。 Basic


UUID=* 汎用一意識別子 (UUID, Universally Unique Identifier): Reference UUID は所与の人道支援オブジェクトのデータ管理者が構成し、人道的領域や開発の関係者がデータの合意をとることに合意したものです。読み込み専用です。これは id:uuid=* に対応します。グローバルに一意な IDs を作るには、 URN-スキームを使います。この ID が満たすべき要件については discussion を参照してください。 id:uuid=* Basic


名前 (Names)

HDM のオブジェクトには名前をつけることができます。

  • HDM オブジェクトは、localized name と呼ばれる特定の翻訳された名前を、各言語でもつことができます。
  • HDM オブジェクトは official name とも呼ばれる参照用の名前をもつことができます。これはそのオブジェクトに責任をもつ専門家が決めます。


全てのオブジェクトに共通する Name のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Unqualified Name 特に制限のない、HDM オブジェクトの名前です。 name=* Basic


Official Name National Registry に由来する Official Name です。 registry_name=* Basic


Localized Name これは naming attribute のグループを表わしており、各言語に一つあります。 OSM では、localized name は name:<lang> タグに対応します。langISO 639-1にもとづく二文字のコードです。

典型的な例としては、name:en=* (英語名)、name:kr=* (クリオール名)、name:ru=* (ロシア名) があります。

Basic


住所

全てのオブジェクトに共通する Address のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Country addr:country=* Advanced


City addr:city=* Advanced


Ward addr:ward=* Advanced


Street addr:street=* Advanced


House_Number addr:housenumber=* Advanced


Postal_Code addr:postal_code=* Advanced


連絡先情報

全てのオブジェクトに共通する、 Contact Information のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Phone 異なる電話番号の扱い方については discussion を参照してください。 phone=* Advanced


Email email=* Advanced


Fax fax=* Advanced


空間シグネチャ (Spatial signature)

全てのオブジェクトに共通する、 Spatial signature のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
PCODE pcode=* タグつきで作成された ID=* (MapFeatures には挙がっていません) に対応します。 pcode=* ID
Admin_level_1_Name boundary=administrative
admin_level=1
name=*
Administrative, Admin_Level, Name
Admin_level_2_Name boundary=administrative
admin_level=2
name=*
Administrative, Admin_Level, Name
Admin_level_3_Name boundary=administrative
admin_level=3
name=*
Administrative, Admin_Level, Name
Admin_level_4_Name boundary=administrative
admin_level=4
name=*
Administrative, Admin_Level, Name
Area/Location place:area=*
place_name=*
Place
Area/Location_Description place:area=*
description=*
Place


捜索救助班 (SAR)

SAR はもう以下に書かれた operational 役割を果たさないかもしれません。詳細についてはdiscussion page を参照してください。これが確認されたら、下記のセクションがもう必要ないかもしれません。

捜索救助所(SAR Sector)は人道援助活動に定義された地理的な領域です。境界線で囲まれています。よく名前や特殊のID等があります。大体、この領域で担当の役割をしている特定の人道組織に配属しています。

人道データモデル2.0に必要である特徴/タグは二つのセットがあります:

  1. SAR Sectorを宣言/描写する為の特徴
  2. HDM ObjectとSAR Sectorの関連を設置する為の特徴

SAR Sectorを宣言する

Humanitarian Data Model attribute Description/Discussion OSM Tag equivalent Category
SAR_Sector_Bounds=* SAR sectorの境界 これはboundary=sar_sectorのタグされた閉じているOSMwayに位置します。
SAR_Sector_Name=* SAR Sectorの名前 amenity=sar_sectorのタグされたOSM nodeにかboundary=sar_sectorのタグされたOSM wayname=*を付けます。 境界の名前
SAR_Sector_ID=* SAR SectorのID amenity=sar_sectorのタグされたOSM nodeにかboundary=sar_sectorのタグされたOSM waysar_sector:id=*を付けます。 境界のID
SAR_Sector_Lead_Name=* SAR Sectorのメインの組織の名前 amenity=sar_sectorのタグされたOSM nodeにかboundary=sar_sectorのタグされたOSM waysar_sector:lead_organization=*を付けます。 境界のID
SAR_Sector_Lead_ID=* SAR Sectorのメインの組織のID amenity=sar_sectorのタグされたOSM nodeにかboundary=sar_sectorのタグされたOSM waysar_sector:lead_organization:ref=*を付けます。 境界のID

Referring to a SAR Sector

Humanitarian Data Model attribute Description/Discussion OSM Tag equivalent Category
SAR_Sector_Reference=* Refers to a specific SAR Sector. The value of this attribute is a SAR_Sector_ID In OSM this is either modelled implicitly or explicitly.
  • implicit modelling: an HDM object "belongs" to a SAR Sector if it is located within the bounds of the SAR Sector. Implicit modelling is the preferred way to model a relationship between an HDM object and a SAR Sector. The SAR Sector must be modelled as closed way, though.
  • explicit modelling: a HDM object may be tagged with is_in:sar_sector=*. The value of this tag consists of a SAR Sector ID.

運営組織

運営組織 (operating organization) は、HDM オブジェクトの運営に責任をもつ組織のことです。It its of a certain operating organization type、名前と固有の ID を持つことができます。


全てのオブジェクトに共通する Operating Organization 属性のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Operating_Organization_Name 運営組織の名前 operator=*
Org UID=* 運営組織の ID: 他の人道支援あるいは開発の関係者たちが使うデータサイロにおいて一意の ID で、機能するデータ管理者がいなくてもデータを同期するためのものです。オプションです。 operator:id=*



全てのオブジェクトに共通する Operating Organization のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Operating_Organization_Type values 組織の種別
Government_facility-public operator:type=government_facility_public
Government_facility-not_public operator:type=government_facility_not_public
Parastatal operator:type=parastatal
Private_for_profit operator:type=private_for_profit
Faith-based_organization_(FBO) operator:type=faith_based_organization
NGO_other_than_faith-based operator:type=ngo_other_than_faith_based
Community operator:type=community
Unspecified operator:type=unspecified or the absence of operator:type=*

人道支援における用途

全てのオブジェクトに共通する、人道支援における用途のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Humanitarian use values これは作成される humanitarian_use=* に対応します humanitarian_use=* 1
Entry_Point humanitarian_use=entry_point 1
Primary_Hub humanitarian_use=primary_hub 1
Secondary_Hub humanitarian_use=secondary_hub 1
Final_Delivery_Point humanitarian_use=final_delivery_point 1
Operationally_Significant_Location humanitarian_use=operationally_significant_location]] 1
Unspecified humanitarian_use=unspecified] 1


稼動状況

HDM オブジェクトの 稼動状況 は、オブジェクトが意図された目的どおりに機能しているかどうかをあらわします。人道的な危機の文脈においては、情報それ自体と、その情報の信頼性がともに重要です。信頼性は、定義された信用レベルのうち一つで明確に表現されます。

OSM の Map Features は、HDM オブジェクトの稼働状況をあらわす適切なタグをまだもっていません。一例をあげると、access=* は legal or vehicle-oriented で、地物の operationality は考慮されていません。新しいタグを導入する必要があります。

全てのオブジェクトに共通する Operational Status のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Operational_Status values operational_status=* Basic


Operational operational_status=operational
Restricted operational_status=restricted
Closed operational_status=closed
Unspecified operational_status=unspecified もしくは、operational_status=* タグがないもの
Quality of Op Status Info values operational_status:reliability=* Basic


Reported operational_status:reliability=reported
Confirmed operational_status:reliability=confirmed
Unspecified operational_status:reliability=unspecified もしくは、operational_status:reliability=* タグがないもの

実用性

※(訳注)「実用性」よりも「通行可能」の方が適切かもしれません

OSM のMap Features をマッピングする動機は、制約されたアクセスにタグをつけるスキームです。foot=yes/nohgv=yes/nomotorcar=yes/no などを含めたタグ一式を使って、OSM にマップされた highway へのアクセスに制限があることを表現することができます。同様に、人道危機に関連のある highway の 実用上の制約 を表現するため、頭に practicability をもつタグ一式が導入されました。すでに確立されているアクセス制約のためのタグを再利用すべきではありません。なぜなら、アクセス制約と実用性は直交した概念だからです。practicability:hgv=yes タグのついた highway は hgv=no で制約できます。

全てのオブジェクトに共通する Practicability のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Practicability values これは、OSM に作成される practicability=* タグに対応します。理由: さまざまな乗り物の種類に応じた highway の practicability に直接対応できる OSM タグはありません。 practicability=* Basic


Non_motorized practicability:foot=yes/only

practicability:bicycle=yes/only
practicability:motor_vehicle=no

Motorbike practicability:motorbike=yes/only
4WD_<_3.5MT practicability:4wd=yes/no/only
maxweight=3.5t
Light_truck_<_10MT practicability:goods=yes/no/only
maxweight=10t
Heavy_truck_<_20MT practicability:hgv=yes/no/only
maxweight=20t
Truck_+_Trailer_>_20MT practicability:lory=yes/no/only
Unspecified practicability=unspecified or absence of practicability=*


地表面

全てのオブジェクトに共通する Surface のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
SurfaceType values これは surface=* に対応します surface=* 2
SurfaceType=Paved surface=paved 2
SurfaceType=Gravel surface=gravel 2
SurfaceType=Steel surface=metal 2
SurfaceType=Wood surface=wood 2
SurfaceType=Grass surface=grass or surface=ground 2
SurfaceType=Unspecified surface=unspecified 2
SurfaceCondition values これは作成される surface=*surface_condition=* に対応します。理由:

直接的に再利用できるタグには Surface の状態を示す値の領域をカバーできるものがありません。代替として smoothness=*maxspeed=* タグを組み合わせたものが使えます。Smoothness の値は、ハイチの現場の要求には合いませんでした。and smoothness humanitarian values could be added || surface=* and surface_condition=*/ smoothness=* and maxspeed=* || 2

SurfaceCondition=Rough_(<40kph) surface_condition=rough_(<40kph) 2
SurfaceCondition=Smooth_(>40kph) highway:surface_condition=smooth_(>40kph) 2
SurfaceType=Dirt/Sand highway:surface=sand or highway:surface=dirt 2
SurfaceCondition=Mud highway:surface=mud 2
SurfaceCondition=Snow/Ice highway:surface=ice_road 2
SurfaceCondition=Unspecified highway:surface=unspecified 2


基材 (Base material)

全てのオブジェクトに共通する基材のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
BaseMaterial values これは作成される base_material=* に対応します base_material=* 2
Wood base_material=wood 2
Concrete base_material=concrete 2
Stone base_material=stone 2
Steel base_material=metal 2
PVC base_material=pvc 2
Unspecified base_material=unspecified 2


注釈 (Annotation)

全てのオブジェクトに共通する注釈キーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Note これは annotation=* に対応します annotation:note=* 1
Cargo_Handling_Description これは annotation:cargo_handling_description=* タグつきで作成される Annotation に対応します annotation:cargo_handling_description=* Annotation
Cargo_Storage_Description これは annotation:cargo_storage_description=* タグつきで作成される Annotation に対応します cargo_storage_description=* Annotation
Storage Capacity (cubic meters) これは annotation:cargo_storage_cubic_meter=* タグつきで作成される annotation:cargo_storage_cubic_meter=* Annotation
Storage Capacity (square meter) これは annotation:cargo_storage_square_meter=* タグつきで作成される Annotation に対応します annotation:cargo_storage_square_meter=* Annotation
Storage Capacity (ton) これは annotation:cargo_storage_ton=* タグつきで作成される Annotation に対応します annotation:cargo_storage_ton=* Annotation

参照元 (Sources)

OSM 上では、データセットの参照元についての情報を説明するのに、source を根にもつタグのツリーを使います。 ハイチでの取り組みで使われた一般的なパターンは、

  • 情報の種類 を区別するのは 2 階層目
  • 個々の参照元ごとの属性 を区別するには 3 階層目

例:

source_ref=* はデータの参照元を 参照する のに使われるもので、しばしばデータセットの URL に使います。例えば、Google スプレッドシートの URL など。

全てのオブジェクトに共通する参照元のキーと値は現場の要望に沿うように提案され、人道支援データモデルのバージョン 2.0 に含められました - このテーブルはソートできます。ソートするにはヘッダをクリックしてください。
人道支援データモデルの属性 説明/議論 該当する OSM タグ カテゴリ
Geometry_Source_Type これは source=* とそのサブタグに対応します source:geometry:type=* Basic


Geometry_Source_Date これは source=* とそのサブタグに対応します source:geometry:date=* Basic


Attribute_Source_Type これは source=* とそのサブタグに対応します source:attribute:type=* Basic


Attribute_Source_Date これは source=* とそのサブタグに対応します source:attribute:date=* Basic


属性のカテゴリ

HDM の属性は、下記の通り分類されます:

  • Basic: 早急な対応において基本的で中核となる属性
  • Advanced: 発展的で専門化した属性 (より長期的)

テンプレートも参照してください: Basic, Advanced