JA:Tag:landuse=religious

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Tag:landuse=religious
Afrikaans Alemannisch aragonés asturianu azərbaycanca Bahasa Indonesia Bahasa Melayu Bân-lâm-gú Basa Jawa Baso Minangkabau bosanski brezhoneg català čeština dansk Deutsch eesti English español Esperanto estremeñu euskara français Frysk Gaeilge Gàidhlig galego Hausa hrvatski Igbo interlingua Interlingue isiXhosa isiZulu íslenska italiano Kiswahili Kreyòl ayisyen kréyòl gwadloupéyen kurdî latviešu Lëtzebuergesch lietuvių magyar Malagasy Malti Nederlands Nedersaksies norsk norsk nynorsk occitan Oromoo oʻzbekcha/ўзбекча Plattdüütsch polski português português do Brasil română shqip slovenčina slovenščina Soomaaliga suomi svenska Tiếng Việt Türkçe Vahcuengh vèneto Wolof Yorùbá Zazaki српски / srpski беларуская български қазақша македонски монгол русский тоҷикӣ українська Ελληνικά Հայերեն ქართული नेपाली मराठी हिन्दी অসমীয়া বাংলা ਪੰਜਾਬੀ ગુજરાતી ଓଡ଼ିଆ தமிழ் తెలుగు ಕನ್ನಡ മലയാളം සිංහල ไทย မြန်မာဘာသာ ລາວ ភាសាខ្មែរ ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ አማርኛ 한국어 日本語 中文(简体)‎ 吴语 粵語 中文(繁體)‎ ייִדיש עברית اردو العربية پښتو سنڌي فارسی ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください
Public-images-osm logo.svg landuse = religious
Cerkiew w Komańczy by Verid1st 09.JPG
説明
境内、宗教用地。信仰目的に使う土地です。
グループ: 土地利用
適用できる要素
ノードに使用不可能ウェイに使用不可能領域に使用可能リレーションに使用可能
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:草案

landuse=religious - 宗教の目的で使われている土地です。ふつうは、モスク、教会、聖堂、シナゴーグ、寺院、神社、などのような amenity=place_of_worship の周囲の土地です。境内(複合、施設、など)には、敷地内で行われる宗教活動に関連するその他の建物、たとえばホール、教育施設、信仰のリーダーが住む区画、庭園、記念堂、像、記念碑、鐘楼、墓地などや、その他の共通設備、例えば駐車場、貯蔵庫、その他の主となる施設を補助する建物がある場合もあります。 amenity=place_of_worship と同様、一般には特定の宗教とつながりがあるため、具体的に宗教をタグ付けします。


目的

landuse=religious はエリアに landuse として使われた場合、いずれ amenity=place_of_worship を置き換えることを意味しています。一部の例外を除き、 place_of_worship は建物やその他の物理的な対象物に移行させます。もっとも、 place_of_worship には境内の中でどの建物または対象物が実際の祈りの場所であるかを示すという重要な役割が残っています。多くの宗教施設は多くの建物から成る巨大な複合体で、普通は1つ以上の「祈りの場」として機能する場所があります。 place_of_worship から landuse を分離することで、単一の土地に複数の祈りの場がある場合、時には複数の宗教が混在する場合です。東京の浅草の複合寺院は、巨大な仏教寺院の複合体で、それぞれが「祈りの場」である多数の名のある建物から成り、さらに寺院の創設者を祀るための神道の神社が併設されています。これで個々の建物が place_of_worship タグと共に正しい名称と正しい religion=* がタグ付けられるのと同様に、施設全体にも名称を付けることができます。 landuse=* キーを通して施設の目的を伝えることもできます。これは複合商業施設における landuse=retailbuilding=retailshop=* の関係に似ています。


制限事項

landuse=religious は宗教施設と宗教活動の補助施設や直接関連する施設の土地を明確に意味しており、単に宗教団体が保有していることを表すわけではありません。同様に、宗教団体によって管理されていても、主要な宗教複合施設の一部ではない amenity=schoolamenity=hospital のような施設、祈りの場としての目的ではない施設については、別なタグ付け体系で表し、宗教団体(例: Anytown の ABC 教会)は operator (運営者)として示し、 religion (宗教)や denomination (宗派) タグを同様に施設に追加します。 主要な複合宗教施設にある、保育園や宗教商品販売店などのような小さな建物や場所は、中心となる宗教施設の中の一部にすぎませんので、個別の土地利用は必要ありあません。建物を正しく保育園や店舗としてタグ付けしてください。

曖昧な領域、たとえば個別にタグ付けできる大きさの教育施設や、「宗教施設」としてタグ付けされる訳ではない教徒専用の施設など、たとえば宗教団体専用の会館などについては、まだ検討中です。

使用方法

提案されたタグ付け体系(キリスト教で一般的な場面の例――祈りの場所として使われる建物と、周囲の施設)

境内

境内の全体を閉じた領域(ポリゴン)で描画してください。

宗教と、分かれば宗派・教派を追加してください。

推奨:

任意:

運営者

境内には地域の宗教コミュニティや国際・国内宗教団体などの運営者がある可能性があります。

これは具体的な団体の名前であるべきであり、上記でタグ付けしたような単なる宗派であるべきではありません。

境内の詳細

"landuse"と同じノードに線を重ね、門や出入口には「すき間」を作ります。

柵の線の有無については:

境内の建物

実際のモスク、教会、聖堂、シナゴーグ、寺院などは――言い換えれば、境内に建っている宗教に特有の建物は――ポリゴンとして描画するか、単一のノードとしてマッピングするべきです。

任意:

その他の建物

墓地

境内の一部が墓地として使われている場合は、この施設を描いて次のようにタグ付けします。

鐘楼

name=*
man_made=tower
tower:type=bell_tower

任意:

bell:multiple=<鐘の数>
bell:name=<それぞれの鐘の名前>
bell:service_times=* - 決まった時間になる場合。例えば、毎日正午など。データ書式はservice_times=*を参照してください

その他: JA:Tag:man_made=tower#任意タグ

通路

任意:

その他の道
(表面: アスファルト / 舗装 / 砕石)

任意:

未舗装の道
(表面: 砂 / 土 / 岩)

任意:

その他の地点情報

参拝時間
十字架
水場
動物の進入禁止
ごみ箱
ごみ集積所
トイレ
通路のベンチ
照明
自動車の駐車場

関連項目