JA:Tag:aerialway=cable_car

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg aerialway = cable_car
CH Furtschellas aerial tram.jpg
説明
交走式ロープウェイのケーブルです。交走式ロープウェイは、一対の大きな搬器が互いに逆の方向に向かう形の索道です。 Edit or translate this description.
グループ: 索道
適用できる要素
ノードに使用不可能ウェイに使用可能領域に使用不可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:使用中

交走式ロープウェイのケーブルです。交走式ロープウェイは、一対の大きな搬器が、ある地点から別の地点に向けて(ふつうは谷から丘や山に向けて)、互いに逆の方向に向かう形の索道です。これはJA:Key:aerialwayの一覧で示された、様々な索道の種類のうちの一つです。WikiProject Piste Mapsも参照してください。

訳注: 日本語でいう「ケーブルカー」にはrailway=funicularを使用します。

マッピング方法

ウェイウェイをケーブルの経路に沿って描画し、aerialway=cable_carタグをそのウェイに設定してください。

併用されるタグ

追加の地物

ノードノードをケーブルの両端に配置してください。これらのノードはaerialway=stationでタグ付けする可能性があります。

もし支柱の位置が分かる場合は、ノードノードをウェイの途中に配置し、aerialway=pylonでタグ付けしてください。

類似のタグ

aerialway=gondola - 循環式ロープウェイ。とても似ていますが、このタグは3つ以上の搬器があり(つまりいくつかは上り、いくつかは下る)、ケーブル上を循環します。「gondola」という言葉は交走式ロープウェイにも使われることがあるので紛らわしいのですが、このタグは3つ以上の搬器があることを意味します。

aerialway=* - その他の種類の索道を分類しています。