JA:空路

From OpenStreetMap Wiki
(Redirected from JA:航空)
Jump to navigation Jump to search
Logo. 地物 : 空路
One example for 地物 : 空路
説明
空港、滑走路、ヘリパッド、ターミナルビルなど航空に関する地上のインフラを記述します。
グループ

空路

タグ

aeroway=aerodrome
aeroway=heliport
aeroway=runway
aeroway=taxiway
aeroway=apron
aeroway=terminal
aeroway=helipad

このページは OpenStreetMap で空港や空港関係のマッピングについての概要を紹介します。タグの詳細な一覧は、 aeroway=* を参照してください。

航空に関する活動の多くは空港に集約されており、これらの施設は aeroway=* でタグ付けされます。よく知られている例は複数の滑走路と大きな商業エリア、多数の空路以外の公共交通機関への接続を持つ巨大な国際空港ですが、これらのタグは個人の小さな草地にも適用されます。

マッピング方法

OSMにおける多くの地物と同様に、 aeroway=aerodromename=* のタグを付けただけのノードから始めて、時間をかけてさらに詳細を追加することができます。 最も一般的な要素は 空港滑走路誘導路駐機場ターミナルビル駐機場です。これらはsiteリレーションでまとめられることがあります。他のタグは以下のとおりです。

項目 タグ 解説
空港 aeroway=aerodrome
ノードエリアリレーション
aerodrome=*
name=*
iata=*/icao=*
航空管制が行われる場所です。この用語は国際、私有、軍用、その他を問わず、飛行場、空港、軍用飛行場、着陸場を含みます。任意で aerodrome=* を空港の種類を分類するために使うことができます。他のよくあるタグには、 name=*iata=*/icao=* コード、 ele=* などがあります。 空港にはおそらく0またはそれ以上の 滑走路誘導路格納庫駐機場ターミナルビルヘリパッドを含みます。ヘリポートはヘリコプター専用の特殊な飛行場です。 空港はノードエリアまたはマルチポリゴン描くことができます。
ヘリポート aeroway=heliport
ノードエリアリレーション
ヘリポートはヘリコプター専用の特殊な飛行場です。 aeroway=heliport でタグ付けし、空港との違いで特徴的なのは滑走路がないことですが、aeroway=aerodrome で使われるのと同様のタグでタグ付けしてください。 おそらく0またはそれ以上のヘリパッド誘導路格納庫駐機場ターミナルビルを含みます。 aeroway=helipad(飛行場またはヘリポートにある、ヘリコプターの離着陸に使用されるエリア)とは異なります。
滑走路 aeroway=runway
ウェイ
surface=*
width=*
飛行機の離着陸に使用される飛行場内のエリアです。ref=* は滑走路番号(例:03L/21R)を示します。他のよくあるタグには surface=*width=* があります。ウェイでマッピングします。エリアマッピング はより一般的になりつつありますが、混乱しています(ここここの議論を参照)。 任意でライフサイクルのタグが適用されるかもしれません。
ストップウェイ aeroway=stopway
ウェイ
surface=*
A rectangular surface beyond the end of a runway prepared or suitable for use in lieu of runway to support an airplane, without causing structural damage to the airplane, during an aborted takeoff.[1] These are also called overrun areas, or blast pads. They are usually marked with yellow chevrons, and are not part of a runway proper, thus the unique tag. Drawn as a way.
ヘリパッド aeroway=helipad
ノードエリア
surface=*
ヘリコプターの離着陸に使用されるエリアです。ヘリポート空港にあるか、独立した施設になっています。よくあるタグに name=*ref=*surface=* があります。 ノードまたはエリアでマッピングします。
誘導路 aeroway=taxiway
ウェイ
surface=*
width=*
誘導路は、航空機が飛行場内のいろいろな場所の間を移動するために、それらを接続する道です。通常アルファベットで表示されていて(例:AまたはQ1、Q2、Q3など)、ref=* を使用します。他のよくあるタグには surface=*width=* があります。 ウェイでマッピングします。滑走路と同様にエリアマッピングは混乱しています。(ここここの議論を参照)。任意ライフサイクルのタグが適用されるかもしれません。

注釈:Taxiways are by definition not the same thing as taxilanes, which is "the portion of the aircraft parking area used for access between taxiways and aircraft parking positions." A proposal exists for aeroway=taxiline.

停止位置 aeroway=holding_position
ノード
Holding positions are tagged on nodes along a taxiway, or runway to indicate locations at which aircraft may be required to stop, typically in order to remain safely clear of an intersecting runway or taxiway.
Arresting gear aeroway=arresting_gearノード Arresting gears are tagged on nodes along a runway to indicate locations of a mechanical system which rapidly decelerate aircraft in case of an emergency landing.
駐機場 aeroway=apron
エリア
surface=*
飛行機が駐機したりサービスを受けるエリアです。通常はアルファベット(例:"Alpha")か、用途(例:貨物駐機場)で名付けられます。よくあるタグにはname=*surface=* があります。駐機位置誘導路ヘリパッドを含むかもしれません。エリアでマッピングします。
駐機位置 aeroway=parking_position
ノード
飛行機が乗客を乗降させたり貨物を積み下ろししたりするために止まる位置で、通常は駐機場にあります。名前は必ずしも aeroway=gate とは一致しません。ノードでマッピングします。
ゲート aeroway=gate
ノード
ref=*
乗客が飛行機へ搭乗・降機するために行く場所で、通常はターミナルビル内にあります。aeroway=parking_position とは異なります。よくあるタグには ref=* があります。ノードでマッピングします。
ターミナルビル aeroway=terminal
エリア
乗客と貨物を取り扱う建物です。building=yes を意味し、入口には building=entrance タグが付けられるかもしれません。よくあるタグには name=* があります。しばしば店舗やその他のアメニティ、他の公共交通機関への接続を含みます。通常1つまたはそれ以上のゲートがあります。エリアでマッピングします。
格納庫 aeroway=hangar
エリア
飛行機を収納したり整備する建物です。building=yes を意味します。エリアでマッピングします。
草地 landuse=grass
エリア
他の何かの一部ではない草地のエリアです。そのエリアが特定の機能を持つ場合には、 aeroway=*surface=grass の組み合わせがより適切かもしれません。
Navigation aid airmark=beacon
ノード
VOR、ILS、NDBといった航行支援設備を表すノードに airmark=beacon を使用します。
Papi/Vasi aeroway=navigationaid
+ navigationaid=als
+ navigationaid=papi
+ navigationaid=vasi
ノード
A visual landing aid consisting of a number of lights; shows pilots whether they're approaching a runway at the correct angle. Drawn as a node. See also  PAPI or  VASI.
吹流し aeroway=windsock
ノード
lit=*
風向を示す(布製の)円錐で、柱の上に設置されています。照明があるかもしれません (lit=yes)。 ノードでマッピングします。
駐車場 amenity=parking 多くの空港にある様々なタイプの駐車場は、 amenity=parking を付けてエリア でマッピングします。2階建以上の立体駐車場はエリアでマッピングし、 amenity=parkingparking=multi-storey のタグを付けます。符号や名前を表すために ref=* を使用します。
管理用道路 highway=service Mark internal service roads as ways tagged with highway=service. Include access=private if the public are not able to use them.
Tower man_made=tower Map any control towers using man_made=tower and service=aircraft_control.
Spaceport aeroway=spaceport
エリア
A spaceport area
Airstrip aeroway=airstrip
ノードエリア
A place such as a farm field, hill slope or similar reasonably flat area where light aircraft can land and take off from. Airstrips often have no permanent supporting infrastructure. Passenger carrying aircraft do not normally use an airstrip unless they are providing joyrides, scenic flights, or are involved in aviation related sports or adventure tourism

空港にはしばしば、視覚的にマッピング可能な数々のアメニティや公共交通への接続があります。各交通機関の接続のガイドラインは鉄道・地下鉄、Taxi Ranks、バスなど、それぞれの個別ページにあるかもしれません。

空港周辺によくあるアメニティは以下;

コード

  • ICAO: Websites such as flightaware.com and skyvector.com are often helpful for finding ICAO codes. The official source would be ICAO, of course, but their publications are not freely available. Second good is the national AIP and or VFR flight guide; however these are not published freely by all countries; and even if they are, they are sometimes incomplete. To further confuse the matter, some countries (Ukraine, for example) assign pseudo-ICAO codes.
  • IATA: IATA codes can be obtained from the official IATA database (search by → location name). There has been a tendency for IATA to assign codes to even very small fields, for no obvious reason; they seem to be cleaning up, as of 2019. Still, they tend to be slow to update, they still have codes assigned for aerodromes that closed years ago. Sometimes, IATA codes are assigned to (high-speed) rail stations too, to allow these to be served by airline ticketing systems; do not get fooled!
  • local codes: in some countries these have been tagged with local_ref= ; for example the codes assigned by basulm/ffplum to nearly all fields in France, of the form LFddnn, with dd standing for the "departement".
  • "ref" was originally intended for a unique identifier, believed to be the IATA code by some; it is less and less used.
  • Non-Latin locales: there is a tendency for ICAO and IATA codes to always be written in Latin alfabet; this may cause confusion especially where Cyrillic is used. For a few fields in Russia, the Latin version was given with "icao=" while the Cyrillic equivalent is in "ref=".

軍用飛行場

For a military aerodrome, military=airfield can be added and also, if mapped as way, landuse=military. The aeroway=aerodrome is primary, though.

OSMは航空用ではありません!

Main article: Aviation. The mission-critical nature of aviation means that data you find in OSM is not suitable for aeronautical use. Wiki-derived data is unlikely to pass strict certification requirements (not even for simple recreational flying). OSM data is generally very accurate, but it just might not be accurate enough for aviation.

That said, many will still find such information useful, so don’t stop contributing.

See discussion on uploading aviation tracks on help.openstreetmap.org, and Aviation for detailed reasoning

空域をマッピングしない

The regular on-the-ground rule of OSM applies. If it’s something tangible that you can point at (like a runway, helipad, or gate) then you can add it. If you can't do that (as with airspace, routes, and aeronautical waypoints) then you should leave it out; check out OpenAviationMap instead. Similarly, don’t upload your flight path traces, or draw air routes on the map: routes vary because of weather, time of day, amount of traffic, serviceability of facilities, and the number of ants in the coffee machine. Besides, they’ll probably annoy other mappers (the routes, and maybe the ants too).

航路

There’s no method for mapping airline services between airports. This might be solved by using relations but airline schedules change regularly, so OSM might not be the best place to store such data.

Map as node or as way?

Historically, most aerodromes were mapped as nodes. This has slowly changed into a preference for mapping aerodromes (= "aviation terrains") as ways, given the fact that OSM is first and above all about geographical information. Avoid mapping the airport as both node and way as this will lead to some applications counting two airports!

Traps to avoid

  • Do not map outlying areas separately as an aerodrome. This happens for example when landing lights or radio beacons are on terrains separate from the main aerodrome area. It should be sufficient to map them as "fence=yes" or such. If they must really be mapped as part the aerodrome, then a relation is the way to go.
  • There is no use in mapping the Aerodrome Reference Point (ARP) as usually published in the AIP; it is not a feature visible on the ground.

提案

Loading map...