JA:Beginners Guide 1.3

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
ヘルプ OpenStreetMap
について
閲覧 協力方法 地図データに
協力する
エディタ 用語集 初心者ガイド

OSM データを作成・編集する

OSM のデータは次の要素から構成されています。

体系的な例: (1)ノード (2)ウェイ (3)閉じたウェイ
  • ノード ノード ノードは独立した点で、(郵便ポストのような)特定の場所を示すために使用されます。2つ以上のノードは線分やウェイを描くために使われます。
  • ウェイ ウェイ ウェイはノードの列で、連続した線分として表示されます。ウェイは道路、通路、川などを作成するために使用します。
    • 閉じたウェイ 閉じたウェイは完全に一周しているウェイです。公園、湖、島、建物などを作るために「エリア」として使用されます。
  • リレーション リレーション ウェイやエリアが何らかのウェイに結びついており、物理的に同じものを表現していない場合、リレーションはそれを含むさらに大きいものを記述するために使用します。リレーションはサイクリングルートや進行方向制限、連続していないエリアなどの地物を作るために使用されます。高速道路のような複数の区間から成る道路は、リレーションでグループ化してください。他の例として、複数の場所に分かれた自然公園などに使います。これはリレーションでグループ化してください。

これらの要素はタグを持つことができ、名称、道路の種類などを記述することができます。これについては以降の節で説明します。

エディタ

ID.svg
iD は OpenStreetMap の[編集]ボタンの既定となっている使いやすいエディタで、手早く編集して協力するのに適しています。ブラウザ上で動作し、移動すると自動的にデータをダウンロードします。
Potlatch2logo.png
Potlatch 2 は iD の前身で、現在でもとても少数の人々に使われており、現在でも[編集]ボタンのドロップダウン(▼)から利用できます。 Flash が必要です。
JOSM Logotype 2019.svg
JOSM は拡張性に富んだスタンドアロンの Java デスクトップアプリケーションで、滑らかなズームや移動ができ、ローカルにダウンロードしたデータセットを編集して一括で変更をアップロードします。


作業場所に合わせる


次のステップ

関連項目