JA:水域

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Logo. 地物 : 水域
One example for 地物 : 水域
説明
川、運河、小川、湖、ため池など水のエリア
タグ
 

waterway=river
waterway=stream
natural=water
water=*

水域は川、運河、小川に加えて、湖、貯水池、ドックなどを含む、 water の地物です。水門、堰、早瀬などの関連する地物も含みます。内陸の水路における経路案内の詳細については、 Inland navigation を参照してください。カヌーやラフティングのようなタグ付けの詳細についてはJA:激流スポーツを参照してください。人間が利用するために管理された水、例えばパイプ内の水や浄水場などについての詳細は Water management を参照してください。海や海での経路案内についての情報は、 MarineMarine navigation を参照してください。

選択肢が多いことを怖がる必要はありません。 waterway=river とだけタグ付けした単純なウェイから作り始めるのは良い方法です。個別にタグを追加するのも便利になります。みんなが望むような関連するタグを追加しておきましょう。

線形の水域: 河川、運河、小川など

全ての河川、運河、小川などは通常、線形のものとしてウェイで表されるべきです。これらのウェイは水の流れる方向に沿って向きを設定するべきであり、また他の水域に接続することで水源に遡れるようなネットワークが形成できるようにするべきです。水が流れていく情報は destination=* でタグ付けできます。タグのパラメータの正確な分類と使用方法は waterway=* を参照してください。

開水路(Open-channel flow (free flow))とパイプ流(Pipe flow、上水道管など空気が含まれていないパイプ流)には違いがあります。開水路はそれぞれの性質ごとに rivercanalditch でタグ付けし、水道管内に空気が入っておらず、水圧によって水が送られるものは pressurised でタグ付けしてください。

このような水路は大量の水が運搬されることがあるため、これらを水域を構成するネットワークの一部として記載することは有用です。

技術的な知識がなくても開水路とパイプ流の違いを見分けるためには次のような簡単な自問をして見ればよいでしょう: 「水は閉鎖空間内を流れ、空気は水道管内に入ってくるかどうか」。もし空気が入るならばパイプ流ではないため、開水路に対して適切なタグである waterway=* を付す必要があります。

水路がどこか別の水路に合流することなく、その一部または全てが何らかの排水口などによりなくなってしまう場合があります(sinkhole=*を参照してください)。このような場合、水路の最後のノードに natural=sinkhole 及び sinkhole=* タグを付すことで、水路が他の水路に接続されずに終わっていることを示すとよいでしょう。これを示すことで他のマッパーが単純に予測して、水路を延ばして他の水路へつなげてしまうことを防ぐことができます。

水路における潮汐は tidal=yes をタグ付けすることで表現できます。もしそれが季節性であるならば seasonal=* も使用できます。もし水路・水域が断続的に存在しているならば intermittent=yes でタグ付けしてください。もし小川が湧き水で始まっているならば、そのノードは natural=spring でタグ付けできます。name=* タグは水路への名前をつけるために利用でき、wikipedia=* タグは Wikipedia へのリンク付に利用できます。

長大、もしくは複雑な形をした河川は waterway relation を利用して、いくつかの連続したリレーションでタグ付けします。

使い方

水路には様々な目的があります。waterway=* は自然の水路のためのタグであるため、人工物については usage=* を用いることが推奨されます。

以下に水路における適当なタグ付けを示します:

LOADING TAG LIST... (If you do not see this tag list, you need to enable Javascript)

This table is auto-generated. See Taginfo/Taglists for a documentation on it. This list can be completed as needed.

広い河川、湖沼、貯水池、島

ウェイを用いた水路の編集方法に加えて、広い河川や運河の川岸は次の2つの方法を用いて編集することもできます。1つ目の簡単な方法は河川にあるエリアを作成し、さらに共有ノードを持つエリアを結合していったものに waterway=riverbank でタグ付けすることです。

At certain points along a larger river the area may take on the appearance of a lake or reservoir which can be mapped as such.

湖は natural=water+water=lake でタグ付けします。貯水池は natural=water+water=reservoir でタグ付けします。以前までは河川と貯水池はそれぞれ natural=waterlanduse=reservoir でタグ付けされてきました。

船舶の航行などのために水門によって水位がコントロールされているような領域については waterway=dock でタグ付けしてください。It is a matter of judgement sometimes as to where a section of water is a wide river or a long thin lake/reservoir.

湖沼にある島は landuse=*natural=* でタグ付けする必要があり、またマルチポリゴンを用いて水域の「内側」の領域として記載することが理想的です。島には湖や小川などの特徴を含ませることができます。

滝、ラフティング等の急流におけるレジャー

滝をマッピングする際の慣習や提案などについては JA:waterfalls を参照してください。

急流におけるレジャー、ウォータースポーツ(特にカヤックやラフティング)のタグ付けについては WikiProject Whitewater MapsJA:激流スポーツを参照してください。

人工物

河川や小川が道路や線路などの下を通る場合は bridge=yes+layer=1 でタグ付けを行います。もしくは tunnel=yes(水路や排水路の場合はtunnel=culvertタグを使います)+layer=-1 を用います。運河が水道橋によって運ばれる場合は bridge=aqueduct によってタグ付けするべきです。

水上に張り出しているような建造物については man_made=pier でタグ付けを行い、さらにボートをつけることができる場合は mooring=yes タグを加えます。

その他の情報:

海岸線

陸域と海域のマッピングに関する詳細は JA:海岸線 を参照してください。海岸線については natural=beachnatural=cliff 及び natural=wetland も参考にしてください。船舶に関連する記載については harbourleisure=marina を参照してください。

プロジェクト

品質保証

反転している河川

一部の河川は反転しています。つまり、山に向かって流れているという、物理的には不可能な形になっています。これらの河川を検出するには、 DEM を使用して、エラーを集めることができます。結果は maproulette ([1]) またはウェブサイト内 [2] で確認できます。

提案

様々な提案があります。

関連項目