JA:Key:crossing

From OpenStreetMap Wiki
(Redirected from JA:Key:crossing ref)
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Key:crossing
Afrikaans Alemannisch aragonés asturianu azərbaycanca Bahasa Indonesia Bahasa Melayu Bân-lâm-gú Basa Jawa Baso Minangkabau bosanski brezhoneg català čeština dansk Deutsch eesti English español Esperanto estremeñu euskara français Frysk Gaeilge Gàidhlig galego Hausa hrvatski Igbo interlingua Interlingue isiXhosa isiZulu íslenska italiano Kiswahili Kreyòl ayisyen kréyòl gwadloupéyen kurdî latviešu Lëtzebuergesch lietuvių magyar Malagasy Malti Nederlands Nedersaksies norsk norsk nynorsk occitan Oromoo oʻzbekcha/ўзбекча Plattdüütsch polski português português do Brasil română shqip slovenčina slovenščina Soomaaliga suomi svenska Tiếng Việt Türkçe Vahcuengh vèneto Wolof Yorùbá Zazaki српски / srpski беларуская български қазақша македонски монгол русский тоҷикӣ українська Ελληνικά Հայերեն ქართული नेपाली मराठी हिन्दी অসমীয়া বাংলা ਪੰਜਾਬੀ ગુજરાતી ଓଡ଼ିଆ தமிழ் తెలుగు ಕನ್ನಡ മലയാളം සිංහල ไทย မြန်မာဘာသာ ລາວ ភាសាខ្មែរ ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ አማርኛ 한국어 日本語 中文(简体)‎ 吴语 粵語 中文(繁體)‎ ייִדיש עברית اردو العربية پښتو سنڌي فارسی ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください
Public-images-osm logo.svg crossing
Toucan.jpg
説明
横断歩道や(歩行者用)踏切のノードの詳細化
グループ: 属性
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用可能領域に使用不可能use on relations unspecified
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:承認Page for proposal

このタグは道路を渡る特定の種類の横断歩道や、道路や鉄道を横断する横断帯・踏切をより正確に記述するために使います。歩行者や自転車等の利便性のための横断歩道(自転車横断帯)や踏切は、まず highway=crossing または railway=crossing の適切な方でタグ付けしてください。特定の種類の横断歩道は、さらに crossing=* タグや以下に示す他のプロパティを記述します。

このタグは両方のウェイ(歩道と道路、道路と線路、など)が交差しているノードに設定します。詳細をマッピングする場合は、歩道から交差するノードを結ぶウェイを footway=crossing または cycleway=crossing の適切な方でタグ付けするのも有用かもしれません。

crossing タグ

crossing=traffic_signals
このタグは横断路(歩行者、自転車)に専用の信号がある場所に配置してください。
たいていは highway=traffic_signals の近くにあります。
Proposed features/Set of Traffic Signals も参照
traffic_signals:sound=yes/no
視覚障害者向けの音楽付きの横断歩道です(Pelican/Toucan/Pegasus)。
traffic_signals:vibration=yes/no
視覚障害者向けのバイブレーション付きの横断歩道です(Pelican/Toucan/Pegasus)。
crossing=uncontrolled
どのような種類の信号機もない道路マーキングのみの一般的な横断路。例えばゼブラゾーン。アメリカでは「crosswalk」と呼ばれています。
たいていは highway=crossing との組合せで使われます。
1つの信号機で2本の車道と数本の路面電車を渡る自転車横断帯。横断歩道には2つの島があり、別々に信号機があります。
crossing=island
道路の途中に歩行者用の小さい交通島がある横断歩道です。
多くは highway=crossing との組み合わせで使われます。
(これをもっと詳細にマッピングするための提案が Proposed features/Traffic island にあります。)
crossing=no
法的に横断が禁止されているところを表します。このタグは highway=crossing なしで使う必要があります。高水準の highway タグのみを評価するデータ利用者が、ここに横断歩道があると誤解する可能性があるからです。
crossing=no は横断歩道の存在を否定しますので、 highway=crossing および crossing=no の組み合わせは無効です。
従って、誰かが横断したいと思っても横断できない場所の場合、そこに crossing=nohighway=crossing なしでタグ付けしてください。
crossing=unmarked
道路標示や信号がない横断歩道です

追加タグ

bicycle=*
yes は自転車に乗ったまま通行することが許可されていることを意味します。
horse=*
yes は馬に乗ったまま通行することが許可されていることを意味します。
button_operated=yes/no
自転車や歩行者がボタンを押すことで信号を青にすることをリクエストできる信号です。
segregated=yes/no
他の多くと同様に、このパラメータは論理型で、つまり「yes」か「no」の値を採ります。他の論理型のパラメータと異なり、既定値はありません。 yes の値は様々な種類の横断交通が種類別に分離されていることを表します(交通の種類別に横断帯が分かれている)。多くの場合、横断する歩行者用と自転車用の信号機は分かれています。地域別の例では、イギリスの Pegasus Crossing で、馬と歩行者が分かれていることもあります。
supervised=yes/no
これも論理型のパラメータですが、既定では no です。 yes の値は、交通量が多い時に学童擁護員によって管理されることがあることを示します。
crossing_ref=*
伝統的な、地域固有の表現、例えば zebrapelican など。
sloped_curb=yes/no/one/both (道路の片側または両側)
車椅子が横断路を通過できるかどうかを表します。
横断歩道の両端にある、 highway=footway 上の縁石を示すノードにタグ付けします。必要に応じて単一のウェイとして追加します。(代わりに kerb=* を使用したほうがより一般的な目的の方法なので、検討してください。
tactile_paving=yes/(no)/incorrect
目の不自由な人を支援するためのパターンが地面にあるかどうかを示します。
highway=footway 上の縁石を示すノードにタグ付けしてください。必要に応じて歩道を単一のウェイとして追加してください。
flashing_lights=yes/no
(既定は noyes の値は歩行者が横断しているとき、運転者に警告するライトが点滅することを示します。もっと詳細には、 buttonsensor (信号が自動的にオンになる場合)、 always (信号が常に点滅している場合)の値のいずれかを使うことを検討してください。

次の表は横断路がどのようにタグ付けされるかを示しています:

名前と説明 タグ 英国での短縮形 画像
Zebra crossing
歩行者専用の横断歩道で、路面に白い縞があり、信号はありません(ただしイギリスでは、柱の上にオレンジ色の点滅する球体があります)。
highway=crossing
crossing=uncontrolled
crossing_ref=zebra
crossing=zebra Zebra-crossing sm.jpg
Tiger crossing
歩行者と自転車のための横断歩道で、路面に白い縞が描かれており、信号はありません(ただし、イギリスでは柱の上に点滅する警告灯があることがあります)。(この種類の横断歩道はイギリスのみです。)
highway=crossing
crossing=uncontrolled
crossing_ref=tiger
bicycle=yes
crossing=tiger
Pelican crossing(「伝統的な」イギリスの横断歩道名)
信号機がある歩行者専用の横断歩道です(ボタン操作の有無を問わず)。
highway=crossing
crossing=traffic_signals
crossing_ref=pelican
segregated=no
bicycle=no
traffic_signals:sound=yes/no
traffic_signals:vibration=yes/no
traffic_signals:arrow=yes/no
traffic_signals:minimap=yes/no
crossing=pelican Pelican.jpg
'Toucan' crossing(「伝統的な」イギリスの横断歩道名)
信号機がある歩行者と自転車向けの横断歩道です(ボタン操作の有無を問わず)。
highway=crossing
crossing=traffic_signals
crossing_ref=toucan
segregated=no
bicycle=yes
traffic_signals:sound=yes/no
traffic_signals:vibration=yes/no
traffic_signals:arrow=yes/no
traffic_signals:minimap=yes/no
crossing=toucan Toucan.jpg
Pegasus crossing(「伝統的な」イギリスの横断歩道名)
歩行者、自転車、馬のための横断歩道で、信号機があります(ボタン操作の有無を問わず、ふつう馬用の横断路はありませんが、乗馬者向けにとても高いところにボタンがあります)。
highway=crossing
crossing=traffic_signals
crossing_ref=pegasus
segregated=yes (しばしば no)
bicycle=yes
horse=yes
traffic_signals:arrow=yes/no
traffic_signals:minimap=yes/no
traffic_signals:sound=yes/no
traffic_signals:vibration=yes/no
crossing=pegasus Pegasus tq7792.jpg
A supervised crossing
イギリスでは school crossing と呼ばれています。
highway=crossing (あるいは必要に応じてtraffic_signals)
crossing=uncontrolled (あるいは必要に応じてtraffic_signals)
supervised=yes
Lollipop lady.jpg
「横断歩道」がない信号機 highway=traffic_signals
crossing=no
島のある横断路 highway=crossing
crossing=island;uncontrolled (あるいは必要に応じて traffic_signals)
multiple values を使用します
縁石に傾斜が設置されている、標示がない横断歩道 highway=crossing
crossing=unmarked
sloped_curb=yeshighway=footwayの縁石の位置にあるノードに)
Crossing with sloped curbs.jpg

横断歩道ウェイとしてタグ付け

マッパーによっては、複数の道路や鉄道を横断する横断歩道において、自転車や歩行者が制御する信号 crossing=traffic_signals が1つしかないときに、複数のノード ノード を横断歩道としてタグ付けすることを防ぐために、 highway=footway または highway=cycleway をウェイ ウェイ の区間にタグ付けしています。

同様に、横断歩道の全幅を示すために、 highway=footway のウェイ区間を crossing=uncontrolled + crossing_ref=zebra でタグ付けすることがあります。

欠点: なお、このマッピング方法では、経路が評価されるときに横断歩道を示す特別なノード ノード がないため、経路探索やナビゲーションシステムが道路にを横断しているかどうかを認識することが困難になります。

関連項目

外部リンク