JA:Android

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search

Androidは、携帯電話やモバイル機器のLinuxベースの操作環境です。Androidデバイスは、ビューやOpenStreetMapベースの地図を編集したり、OSMにアップロードして編集できるGPSトラックを記録したりするために使用できます。

AndroidとOpenStreetMapの詳細については、Category:Android the Android categoryも参照してください。

OpenStreetMap.org

AndroidデバイスでOpenStreetMapを使用する最も基本的な方法は、ChromeなどのWebブラウザでhttps://www.openstreetmap.org/を開くことです Webサイトは多くのAndroid端末のような小さな画面向けに最適化されていますが、Slippyマップslippyマップは、ドラッグでパンやピンチでズームといった基本的なジェスチャに制限されています。OpenTouchMapを利用すれば、より良くマルチタッチをサポートしています。Google Mapsアプリケーションと同様の地図表示の利用については、以下の#OpenStreetMap applications applicationsを参照してください。同様に、OpenStreetMapに貢献するために、Webサイトに埋め込まれたiDエディタはタブレット上での基本的な操作をサポートしていますが、Android editor application の方がはるかに便利です。

OpenStreetMap アプリケーション

主な記事:Comparison of Android applications

次のアプリケーションは、主な機能をOpenStreetMapを基にしているので、AndroidデバイスでOpenStreetMapを使用する良い方法になります。 これらの各アプリケーションは積極的に維持されています。利用可能なすべてのAndroidアプリケーションの包括的な比較については、Comparison of Android applications]を参照してください。

ナビゲーション

次のアプリケーションは、多くの場合に、音声ガイダンスつきのナビを提供します。

オープンソース
プロプラエタリ / 非公開

OpenStreetMapベースの地図を次のアプリケーションにロードすることもできます。

マップの編集

これらの高度なエディタアプリケーションを使用すると、OpenStreetMapを直接編集して、マップに貢献することができます。

これらのアプリケーションは、データを直接編集できない特殊なOSMエディタです:

これらのアプリケーションには、いくつかの制限された編集機能も含まれています:

次のアプリケーションを使用すると、アームチェアマッパーが使用できる画像を提供できます:

拡張現実

次のアプリケーションは、スマホのメインカメラの映像の上にOpenStreetMapのデータをリアルタイムに重畳します。

GPSトラックの記録

次のアプリケーションは、 record your movement を GPS トラックとして記録できるようにします。upload your GPS tracks to OpenStreetMap を使用すると、マップに地物を追加できます。これらのアプリケーションの一部は、このページのナビゲーションセクションにも表示されます。 turn-by-turn navigation directions で使用するのに十分な程度に細分化されています。ここに表示される他のアプリケーションには、その目的に役立つオリエンテーリングの機能があります。

  • Maps.me - GPSトラックをDAT形式で記録します。このトラックは、指定した時間(デフォルトは1時間)が経過すると、自動的にマップから削除されます。
  • GPS Logger - スマートホンから取得した位置情報をGPX形式、もしくはKML形式で保存します。設定メニューの「パフォーマンス」にある「ネットワーク位置情報記録」はオフにするほうがよいでしょう。WiFi基地局からの電波を用いて位置を特定する方法は地価などでも使えるメリットがありますが、GPSに比べると精度が低くなります。
  • GPX Viewer - GPX, KML形式の軌跡を地図に重畳表示できます。位置情報をきちんと記録できているか確認するのに便利。
  • [1]

GPSの精度=

Android端末でGPSトラックを記録している場合、GPSデータのトラブルシューティングに役立つアプリケーションを利用すると便利です。GPSテストアプリケーションを使用すると、電話機がサポートしているGNSS衛星ネットワーク(Beidou、Galileo、GLONASS、GPS、QZSSなど)を特定できます。また、このアルゴリズムは、デバイスが受信する衛星の周波数(例えば、デュアルバンド信号をサポートしているかどうか)や、レポートするデータの精度を判断するためにも役立ちます。


旅行計画

これらのアプリケーションを使用すると、地図上の場所を検索したり、その場所について学習したりできます。その多くはサポートのオフライン地図にもなっています。

ゲーム

主な記事:Games#In the game itself

次のゲームは、OpenStreetMap を利用しています:

その他

  • Open Camera - オプションの「写真の設定」の中にある「方角情報を使用する」をチェックすると写真撮影時の向きをファイルに埋め込めるようになります。緯度、経度、方位情報を含む写真はそのままMapillaryへ投稿できます。
  • Photo EXIF Editor - 写真のEXIFに含まれる情報を表示できます。位置情報や方位を正しく記録できているか確認するのに役立ちます。
  • Photo Map - 写真を撮影した位置を地図に表示できます。


OpenStreetMapを利用するアプリケーション

次のアプリケーションは、OpenStreetMapも利用しています:

開発者むけライブラリ

主な記事:Frameworks

Android開発者が、OpenStreetMapを静的な背景地図として使ったり、完全にインタラクティブなマップを実現したり、ジオコーディングやルーティングなどのより高度な利用をできて、独自のアプリケーションに簡単に組み込むことができるライブラリがあります。 これらのライブラリを使用するもう1つの利点は、OpenStreetMapから提供されたサーバではなく、専用サーバからタイルやその他のリソースを取得することで、OpenStreetMapのtile usage policy を尊重できることです。

GitHub and Google Code  にも、'android'と'OpenStreetMap'の両方のタグを持つプロジェクトをみつけることができます。

マップ

Library Minimum API level License Notes
Carto Mobile SDK 11 BSD Supports 3D city overlays, editable vector overlays and is highly customizable.
CartoType 14 Proprietary Offline rendering and routing library using OpenGL ES; customisable style sheets; 2.5D perspective view with 3D buildings
GLMap 14 Proprietary Offline or online vector map rendered on device using OpenGL ES
LocationMapViewer 10 GPLv3+ Android-Intent; "geo:"-Uri; gpx and kml file/url
Mapbox Android SDK 15 BSD Customizable, interactive vector maps styled in Mapbox Studio and rendered using OpenGL ES. Hybrid components available for Cordova, NativeScript, React Native, and Xamarin.
Mapbox Android Services 15 MIT Connects to Mapbox’s Static API
mapsforge 9 LGPLv3 Map rendering, map overlays, and more
Navmii Mobile SDK Unknown Proprietary
OSMBonusPack 10 LGPL with exceptions Addon for osmdroid: Markers, Bubbles, Routes, Directions, KML and more...
osmdroid 7 Apache 2 OSM based replacement for Android's MapView (v1 API) class. Supports online and offline tile sources and overlays for plotting icons, tracking location, drawing shapes.
OsmSharp Unknown GPLv2 or commercial Offline vector map rendering in C# using Xamarin
Skobbler Android SDK 14 Proprietary
Tangram ES 15 MIT 2D and 3D map renderer using OpenGL ES, used to have its own vector tile service but as Mapzen went bankrupt it no longer exists.
VTM 10 GPLv3+ 2D and 3D map renderer with own vector tile service; compatible with Mapsforge.
WhirlyGlobe-Maply Unknown Apache 2 Geospatial display kit for iOS and Android based on OpenGL ES. Implements a 2D map and a 3D globe and can handle image base maps and tiled vector maps based on OSM data.

Geocoding

Library Minimum API level License Notes
mapsforge 9 LGPLv3 POI indexing and search
Pelias Android SDK 15 Apache Connects to Mapzen’s Pelias Geocoder instance

Directions

Library Minimum API level License Notes
CartoType 14 Proprietary Rendering and routing library; supports motor vehicles, bicycles, walking, and more; can take gradients into account
GraphHopper 10 Apache 2 Routing engine for car, bike and more
Mapbox Android Services 15 MIT Connects to Mapbox’s Directions API for route data
mapsforge 9 LGPLv3 Route planning and navigation
Navmii Mobile SDK Unknown Proprietary
On The Road 15 Apache Connects to Mapzen Turn-by-Turn (powered by Valhalla)
osm-common Unknown Apache 2 Nominatim

See also

Operating systems based on GNU/Linux kernels
Android · Arch · Debian · Fedora · Firefox OS · Gentoo · Mandriva · Mint · OpenSUSE · Red Hat · sidux · Slackware · Tizen · Ubuntu · LinuxMint